自己破産をするときの弁護士費用ってどのくらい必要?

自己破産をすれば借金を支払わなくても良い

借金が多くて悩んでいる人の最後の種d何とも言えるものが、自己破産です。自己破産は裁判によって借金の返済を行わなくてもよくなる方法なので、毎日のお金に関するプレッシャーがなくなり、新しい生活のスタートをきることができるようになります。借金問題で苦しんでいるなら、まずは専門家である弁護士に相談してみてください。

弁護士費用はどのくらいかかる?

自己破産をやりたいけれど、今でもお金がないのに弁護士に高いお金を払えない、と感じて借金問題を相談できない人もいます。自己破産にかかる弁護士の費用は、裁判所に支払わなければいけない費用や弁護士の報酬などを含めて25万円~50万円程度かかってしまうといわれています。しかし弁護士側もお金がないので自己破産を行うことを考えている人だ、というのはわかっています。そのため、これらの自己破産にかかった弁護士費用は後払いに出来ることが多いです。借金の返済をしなくて良くなった分を弁護士に支払うことになりますが、毎月の負担が軽減するので生活は楽になって行くでしょう。

法テラスを利用する方法も

それでも毎月の支払いが不安だという人は、法テラスを利用してみてはどうでしょうか。法テラスは金銭的な理由で弁護士費用の支払いが難しい時に支払いを肩代わりしてくれます。その制度を利用するためには審査が必要になりますが、審査に通れば毎月5000円程度~という少額の返済ができる法務省管轄の公的な法人です。各都道府県に数か所事務所がありますし、無料での相談も行っていますので、是非活用してみてください。

自己破産は裁判所に破産申立書を提出して免責許可がもらえると成立します。これですべての借金が無くなるのですが、その後借入できない期間がありますし、破産者の情報が国発行の機関誌に掲載されます。