資産運用を始める際に必ず理解しておきたいこと

投資には必ずリスクがある

預金という形で金融機関にお金を預けていることは非常に安全ではありますが、ベストな資産運用とは言えません。預けていることによって利息は発生しますが、普通預金や定期預金の金利はかなり低い傾向にあるため、利息には期待できます。絶対にお金を減らしたくないのであれば、預金のままで問題ありません。しかし、増やしたいと考えている場合は資産運用として投資に挑戦することをお勧めします。投資商品の種類はとても豊富になっており、初心者にとって敷居の低い状況となっています。ただし、投資を行う際は必ずリスクがあると理解することが大切ですが、リスクを抑えた投資商品での資産運用であれば、仮に元本割れが発生するような状況になったとしても大幅な下落にはなりません。

分散する投資を実践する

投資を実践する際の重要な考え方となるのが分散させることです。投資における分散とは、投資対象を増やすことで1つ当たりの投資商品のリスクを下げる効果があります。たとえば、株式投資をしている際、1つの銘柄だけを大量に購入するような状況はリスクが高いと言えます。予想した通り株価が変動すれば大きな儲けを得られる可能性はありますが、予想に反する動きをした場合のマイナスは大きくなります。しかし、複数の銘柄に投資していれば、1つの銘柄の株価が下がってしまったとしても、他の銘柄でマイナス分を補える状況になり得るからです。資産運用で分散投資は重要な考え方ですが、複数の投資先を検討することになるため、時間は必要です。しかし、リスクを抑えるためには必要なことなので、時間がかかってしまったとしても検討の作業は欠かせません。

ファンドの会社に依頼をするときには、過去数年間の実績に注目をすることで、大きな損失のリスクを回避できます。