まずは知っている会社から!銘柄選びのポイント

買うことができる銘柄はたくさんあります

今は預金の金利だけではお金が増えないので、株式投資に興味がある人もいるでしょう。でも実際に株式投資をする場合、どの会社の株式を購入すれば良いのか決めなければなりません。みなさんは証券取引所に上場している株式を購入することができますが、どのくらいの数が上場していると思いますか?実は約4000社近くの株式が取引されているのです。

初めは知っている会社から選びましょう

証券取引所に上場している約4000社近くの銘柄から、どれに投資しようか決めるのはとても大変な作業です。一つ一つの銘柄をすべてチェックしてから、株式投資をすることはほぼ不可能に近いといってよいでしょう。だからこれから株式投資を始めようと考えている人は、まず「自分が知っている会社」や「いつも買い物などで利用している会社」の株式投資から始めることがおすすめです。みなさんが使っている車や電化製品のメーカーや、スーパーなどで買い物をする商品のメーカーなどの多くは有名な会社の製品であり、証券取引所に上場しています。それらをチェックしていけば、上場している会社うち少なくとも数十社くらいは知っている会社になるでしょう。その中から自分が興味のある会社について吟味して、株式銘柄を購入してみても良いかもしれません。逆に知らない会社まで無理に研究する必要はなく、それをしてしまうと途中でギブアップしてしまうのでおすすめできません。好奇心から株式銘柄を選ぶことが、株式投資に対するハードルを下げることかもしれませんね。

取引の中で一番気をつけなければいけないのは、やはり株の信用取引の金利です。ちりもつもれば山となるからです。