支払うべき税金を少しでも減らしたいなら税理士に相談しよう!

税理士ってなにをするお仕事なの?

税理士は、企業等の収益と費用を差し引いたものすなわち利益と、
その企業の資産と負債を適正な原価計算の基づいて算定し、
その企業等の売り上げアップや費用の減少などのアドバイスをしたり、
決算等の時に必要な書類等の作成などをするお仕事です。
簡単にいいますと、税理士とは国が認めた資格であり、公平な立場に則って、その納税者が支払うべき税金計算を適正に行ってくれる、税金のプロフェッショナルのことを指します。

税金はどう発生してどういう風に使われるの?

税金とは、国家が国を発展させるために必要なものであり、国民から徴収する資産等の事を指します。税金の使い道としては、年金の積み立て、公共施設、水道整備、インフラの整備など、様々なものに使われています。
しかし、国もただ税金を無理やり国民から徴収するわけではなく、税金が発生する条件は、消費税、相続税、固定資産税、法人税など、各カテゴリーごとに法律で定められています。

税理士はなにをしてくれるの?

税理士は先に挙げた、各種の税法の法律を順守し、納税者が支払わなければならない各種税法の適正な納税金額を提示してくれたり、
その豊富な知識により、納税者が支払わなければならない納税額を減少させるための手法をアドバイスしてくれたりします。

これらのことから、税理士とは、各種税法を熟知し実務にも明るく、法律の許容範囲にしたがって、納税者の負担するべき各種税金を減らしてくれる、または、減らすためのアドバイスをしてくれる頼もしい存在であると言えるでしょう。

相続税の対策だけではなく経営の相談もしているので税理なら岡山で相談をしましょう。そうすれば重点的に話し合うことができます。