相続税計算って大変!プロにお任せしよう!

相続税ってどんなものなの?

相続税とは、あなたのおとうさん、おかあさんなどの肉親が死亡してしまった場合に、その死亡してしまった方(被相続人)から、一定の資産価値を有する物を相続によりもらった方(相続人)がいる場合に、その貰った資産価値を有する物が、国が定めた一定の金額を超えてしまった場合に、国が定めた法律に則って計算された金額を、その被相続人がお亡くなりになったことを知った日から10か月以内に国に納付しなければいけない法律です。これが相続税というものになります。

相続税の基本的な計算方法

相続税の税額計算は、まず、資産総額を算出します。その中から課税の対象となる財産(課税資産)と、課税の対象とならない財産(非課税資産)に分類します。非課税資産は課税の対象にはなりません。もし、その被相続人が死亡した時に借入金などの借金があった場合、そして葬儀にかかった葬儀費用などは「課税財産」からマイナスされます。このマイナスされたあとに残った数字を「課税対象財産」と呼びます。この課税対象財産からさらに「基礎控除額」というものを差し引きます。基礎控除額とは、3000万円+(600万円×遺産を引き継いだ人数)という計算になります。このマイナスされたものを「課税遺産総額」といい、これに遺産を引き継いだ人数等と、その課税遺産の総額別により、国が定めた税率を乗じたものが「相続税」となります。

自分でやるには無理がある、じゃあどうすればいいの?

このように、相続税は基本的な計算を紹介しただけでもその中身は複雑です。なので相続税が発生するよりもなるべく前に、その道のプロである税理士に相続税の支払い方法や、減額するためのアドバイスなどを受けておくことが肝心であると言えるでしょう。

相続税の税理士とは、相続税に関する事例を専門的に扱う税理士の事であり、通常の税理士に比べ、相続税の知識は深くあります。